ベビーダンスとは・・・

 

ベビーダンスは、2007年にダンス講師である田中由美子が、実際に自分の出産・子育てをする中で、夫がダンスのステップを踏んでいたところ、我が子が気持ちよさそうに眠っていたのを見て、考案されたものです。

 

医学的見地からの医師も加わって作り上げたものですので、安心して楽しんでいただけます。

 

 

 パートナーは赤ちゃん! 

  抱っこ紐やスリングを使って赤ちゃんを抱っこし、サンバやブルース、ワルツ

  などの音楽に合わせてステップを踏む、世界で初めてのセラ ピープログラ

  ムです。

  ベビーダンスには難しいステップはありません。 初めてでもすぐに覚えら 

  れ、抱っこでも無理なくできるわかりやすいステップが中心!

  ステップを踏んでるうちに、いつの間にかぐっすり眠ってしまう赤ちゃんも・・

  ベビーダンスは赤ちゃんがぐずったら、いつでもどこでも気軽にできる親子

  の絆を深める新しいコミュニケーションダンスです。

 

 

ベビーダンスの効果

 

* 親子が一体となって踊ることにより、スキンシップを図り、音楽のリズムに

   合わせて身体を動かす事で楽しさを心身両方で実感でき、育児ストレスの

   解消はもちろんのこと、全身運動と有酸素運動により、出産後の運動

   不足の解消に効果的です。

 

* 心地よい音楽を聞き、口ずさみ、皮膚に触れ、互いのぬくもりや呼吸、匂

   いを感じあいながら踊るということは、まさしく親子の五感によるコミュニケ

   ーションです。ベビーダンスを通して親から愛されているという愛情を実

   感し、健やかで情緒豊かな発達を促します。さらに母親や父親の親とし

   ての五感を高め、子育てを楽しくする効果を持ちます。

 

* ベビーダンスのステップは、いつでもどこでも気軽に踊れるので、夜泣きを

   した時やぐずった時等に活用でき育児ノイローゼや育児ストレスから、母

   親達を守ることができます。さらに、抱っこを辛いものから楽しいものへと

   変える、行動療法としての側面を持ち、気分に合わせて、音楽やダンスの

   ステップを変えることで、音楽療法的な効果も期待できます。

   産後の育児で家に引きこもりがちな母親達の交流の場を提供することに

   より、引きこもりや産後うつ防止にも役立ち、予防医学・運動療法の役割

   を持ちます。